健康だと思っても…

3月 11th, 2014

これまでの人生で本当に健康で一度も大きい病気、風邪などの比較的軽い病気にすらなったことがない。病院に行ったことがない方もいるかもしれません。
ですが、いつ起こるか分からないのが病気です。もしすごく健康な方でもある日突然ということがあります。

いきなり手足の動きが悪くなったり、もしくは右側・左側の手足がしびれて動かなくなったりなどあるかもしれません。
耳の聞こえが悪くなったり、目眩が急に発生するようになってしまったりなど前兆は様々です。
ですが、中高年の方はもしかすると「ああ、年をとってしまったんだなぁ」と感じるだけで、問題視ぜず病院に通わない可能性もあるのです。
さすがに咳が一週間以上続いてるなど、あきらかに体調が可笑しいと思い病院に行く方がほとんどです。
この様な日常に起こるちょっとした前兆が多いのは、脳疾患系の病気になります。悪化してしまう大変な事になってしまう病気ばかりになります。

脳動脈瘤や聴神経腫瘍などは脳疾患になります。そのほかにも顔面けいれんや頭蓋底脳腫瘍など様々あります。
病気には聴神経腫瘍など発生理由が明確のものもあれば、脳動脈瘤のように発生原因が未だにはっきりしていない病気などもあります。
病院も脳神経に特化している所でないと、治療ができなかったり難しかったりします。それほど脳神経の病気を発症してしまうと大変なのです。

聴神経腫瘍であれば、もしかすると耳が聞こえなくなってしまうかもしれません。脳動脈瘤なら場合によっては破裂してしまい取り返しがつかない事態が発生することもあります。
多少の聴神経腫瘍と脳動脈瘤の知識をもっているのも予防には繋がるかもしれません。

OUT LINK

聴神経腫瘍(鞘腫)でお困りなら|富永紳介

Comments are closed.

Trackback URI |